tppの参加国

スポンサードリンク

tppの参加国

tppは、太平洋に面した地域の国々が、経済の自由化を目的に参加する協定です。
関税や各国によって異なるルールを可能な限り撤廃し、統一する事で、より効率的に人や物を動かせるようにしようと言うものなのですが、参加国はどこで、全部で何カ国あるのでしょうか。

 

まず、tppが発足した時点で加盟していた参加国は、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの四カ国でした。
次に、拡大交渉を行うとして参加を表明したのがアメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーの五カ国。
さらに日本が参加を表明して、現在、上記の国々と個別に交渉を行っています。

 

こうして見ると、tppが話題になっている割に参加国が少ない事に気が付きます。
また、同じ太平洋地域でも韓国や中国などの主要国が参加していません。
こうした点も、tppが本当に日本の利益になるのかと不安視される原因の一つになっています。
もちろん、今後加盟国が増える事もあり得ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


tppの参加国関連ページ

韓国との関係
今ニュースでも話題のTPP。当サイトはTPPを子供にもわかりやすく解説していきます。
中国への影響
今ニュースでも話題のTPP。当サイトはTPPを子供にもわかりやすく解説していきます。
加盟国はどこ?
今ニュースでも話題のTPP。当サイトはTPPを子供にもわかりやすく解説していきます。

基本 金融 様々な影響 外国との関係 交渉 賛成と反対