TPP交渉について

スポンサードリンク

TPP交渉について

環太平洋戦略的経済連携協定、TPPの交渉について様々な議論が交わされています。
TPPは貿易の自由化を目的とし、関税の撤廃のなどが世間一般的に強い印象があるでしょう。

 

現在のTPP交渉はどのように進んでいるのでしょうか??
日本の立場として、2012年の1月から2月にかけて行われた協議の中で、加盟国であるベトナム、ブルネイ、ペルー、チリ、シンガポール、マレーシア、の計6カ国からTPP交渉参加に関しては基本的に支持されています。

 

アメリカからは2012年2月に、日本のTPP交渉参加に向け、加盟国と協議を行うことへ歓迎の意を表された。
2013年になって行われた安倍晋三首相とオバマ大統領の日米首脳会談では、以下3点について話し合われた。
1日本には一定の農産品、米国には一定の工業品というように、両国ともに二国間貿易上のセンシティビティが存在すること。
2最終的な結果は交渉の中で決まって行くものであること
3TPP交渉参加に際し、一方的にすべての関税を撤廃することをあらかじめ約束することは求められないこと。

 

これら3点を日米間で共同のものとして認識を持ち、声明を発表したました。
このようにTPP交渉参加には日米との関係も非常に大事な条件の1つなのですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


TPP交渉について関連ページ

牛丼が安くなる?
今ニュースでも話題のTPP。当サイトはTPPを子供にもわかりやすく解説していきます。
著作権への影響
今ニュースでも話題のTPP。当サイトはTPPを子供にもわかりやすく解説していきます。
交渉による影響
今ニュースでも話題のTPP。当サイトはTPPを子供にもわかりやすく解説していきます。

基本 金融 様々な影響 外国との関係 交渉 賛成と反対